Posted by & filed under アプリ/Webサービス, ライフハック.

 

食事ログをエバーノートで

私、ライフログとして、食事の記録を残すことを大切にしていて、
何を使って記録するか、さまざまツールを経て、evernoteにたどり着きました。
その過程の要点をご紹介します。

■最初はTwitterで

手軽さから、ツイッターを選択しました。
私のツイッターは、食事のログ以外もつぶやくので、
あとから引き出す手段として、 #ハッシュタグ を使いました。

しかし、途中で、
遡れる過去のツイート数には制限があり、最新の3000件までしか遡れない、
というtwitterの仕様を知りました。

<ビジネスポリシー的に、Twitter社はユーザーの現在(なう)にしか興味がない、といった感じでしょうか。>

というわけで、
検索性が悪いので、ツイッターをやめました。

ただ、Twitter利用でも対案はあって・・・

公式サイトのサービスとして、過去の自分の全ツイートをダウンロードできる機能が付きました。

Twitterで自分の全ツイートの過去ログを取得・保存し、ブラウザで見る方法 | アプリオ

たまに自分のパソコンにダウンロードしてきて探せればよい、ということであれば、
これでもよいかと。


「Twilog(ついろぐ)」という、ツイートを保存してくれて、ブログ形式風に閲覧できるWebサービスがあります。
http://twilog.org/
これに登録すれば、
登録した日からのツイートは、最新の3000件など関係なく、ずっと全てを保存してくれて、
保存されたツイートは、Webページで検索が掛けられるので、
これであれば後述の「Evernote」の検索性と全く変わらずライフログが残せます。

■次にTumblr(タンブラー)を

ツイッターをあきらめたあと、
公開ページのデザインテンプレートにオシャレなものがいっぱいあるから、というだけの理由で、
・・・食事のログになので、必ず料理写真を付けて記録を残しています。
その写真が引き立つデザインで見せれるテンプレートが豊富でした。・・・
タンブラーを選択しました。

が、
Tumblrは、デフォルトの検索機能が全く使い物にならず、過去の記録をひっぱり出すことができませんでした。
なんと、日本語検索ができないそうです。
というわけで、断念。

しかし、対案もあるようで・・・
試していないのですが、
タンブラーで作ったWebページ内にGoogle検索を導入すればよいとのこと。

Tumblrのサイト内検索をものすごく簡単に作る – MEMOGRAPHIX

これできちんと検索できるようになれば、Tumblrでも全く問題ありませんね。

■最後にEvernoteに決めました

最後にたどり着いたのが、
検索性は間違いないエバーノートです。

エバーノートでの最大の課題は、
食事ログはWebページとして公開したいと考えていたので、
それが可能か、というところでした。
エバーノートはあくまでクローズドな環境で記録を残すツールだと思っていたのですが、
結論としては、それは可能でした。

エバーノートには、ノートブックの共有という機能があり、
これを使えば、見た目のデザインは置いておいて、公開されたウェブページとなります。

ノートブックの共有の方法は・・・
公開したいノートブック名のメニューから
koukai
“このノートブックを共有”をクリック。

kyouyuu
設定画面の“公開リンクURL”の欄に、URLに使いたい英数字を入力して、保存します。

そうすると、
公開URLが生成されて、そのURLをクリックした人は誰でもそのノートブックをWebで閲覧できます。
(ノートの編集は、他人にはできないのでご安心を。)

というわけで、
私の、エバーノートでの食事ログのページはこちらになります。
https://www.evernote.com/pub/tanayoung/kyounanitabeta 「今日なに食べた?」

まとめ・・・

ライフログを、Webに公開したい。
そのページの見た目にはこだわらないので、遡れる検索性が最重要。
ということであれば、
「Evernote」が最適なツールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です