Posted by & filed under ライフハック.

 

私、この度、元住吉駅から学芸大学に引っ越します!
そこで、
ネット上のデータからは、東横線沿線の賃貸物件の人気/狙い目駅についてどのような結果が出るのだろうと思って、
以下のような前提条件でリサーチしてみました。

まずは需要の方。
東横線沿線の駅で賃貸物件を探している人がどれくらいいるかを、
“(駅名ごと) 賃貸”という検索クエリの月間平均ボリュームとして、
Google AdWordsのキーワードプランナーで出してみました。
それがこちら。

kensakukueritoyoko

月間平均検索数が多い順に、
武蔵小杉 8100
中目黒 5400
祐天寺 2900
・・・となってます。

次に供給の方。
「ホームズ」における賃貸物件の掲載数を拾ってみました。
それがこちら。

homesbukkentoyoko

多い順に、
武蔵小杉駅 2048
日吉駅 1766
元住吉駅 1731
・・・となってます。

ここで、
物件掲載数を月間平均検索数で割り戻してみると・・・、

代官山駅 0.30
中目黒駅 0.15
祐天寺駅 0.34
学芸大学駅 0.41
都立大学駅 0.95
自由が丘駅 0.34
田園調布駅 0.34
多摩川駅 0.46
新丸子駅 0.36
武蔵小杉駅 0.25
元住吉駅 0.60
日吉駅 0.74
綱島駅 1.48
大倉山駅 1.09
菊名駅 0.71
妙蓮寺駅 0.86
白楽駅 1.65
東白楽駅 2.90
反町駅 1.36

・・・このような数値になり、
検索数を、分かりやすく人数と置き換えると、
探している人1人あたりに何件の物件があるかという数値と言えます。

よって、
数値が低いほど、1人あたりの物件は少ない
→人気が高い/競争率が高いとなります。
数値が高いほど、1人あたりの物件が多い
→競争率が低い・狙い目の駅となります。

というわけで、
人気が高い駅のランキングは・・・
(1位)中目黒駅 0.15
(2位)武蔵小杉駅 0.25
(3位)代官山駅 0.30

最近の武蔵小杉の人気は、データでも裏打ちされていますね。

逆に、
競争率が低い駅のランキングは・・・
(1位)東白楽 2.90
(2位)白楽 1.65
(3位)綱島 1.48

3つとも神奈川県の駅となっています。

ここで、
(東京都)多摩川駅←|→新丸子駅(神奈川県)というわけで、
東京都だけを見てみると、
都立大学駅 0.95
と都内に限っては最も狙い目になっています。

以上、
あくまでネット上のデータに限った、東横線沿線の賃貸物件のマーケティング考察でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です