Posted by & filed under アプリ/Webサービス, ライフハック.

 

どうも、自称・イフターですw
・・・イフター=IFTTT(イフト)を使いこなしてる人・・・

今回は、
インスタグラムに投稿した写真をそのままエバーノートに転送する、
というイフトのレシピ設定をご説明します。

その前に、まず・・・

検索性ではEvernoteが最も優れている

最近、食事のログを、Instagramを使って記録することにしました。
インスタは、ソーシャルメディアなので、ログというよりは、コミュニケーションを楽しんでいます。
インスタで、ログツールとして検索をかけたりしようと思うと、やはり利便性が悪く、
エバーノートに勝るものはないなという印象です。
インスタ以外の様々なツールも同様、
検索性という面では、エバーノートの右に出るものはありません。

というわけで、
今回、インスタに投稿した写真を、自動でエバーノートにも転載保存しようと、設定した次第です。

IFTTTの設定全般についてレクチャーいたします。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

IFTTTの設定方法

https://ifttt.com/

今回は、
イフトの、アカウントは既に登録済みで、設定で各チャンネルのアクティベートも済んでいるという前提で、
そのあとの、
レシピ(自動処理設定)の設定のやり方のみ、説明します。

【IFTTT側の設定】
①[Create a Recipe]ボタンをクリックする。

②if“this”をクリックする。

ifthis

③Choose Trigger Channelで“Instagram”をクリックする。

insta

④Choose a Triggerで“Any new photo by you”をクリックして、

anynewphoto

[Create Trigger]ボタンをクリックする。

⑤then“that”をクリックする。

thenthat

⑥Choose Action Channelで“Evernote”をクリックする。

evernote

⑦Choose an Actionで“Create image note from URL”をクリックする。

createimagenote

⑧Complete Action Fieldsで、
Notebookの欄を“instagram”と入力し直して、
(こちら、本来は何でも問題ないと思いますが、私は何故かこのように入力しないとうまくいかなったので、記載しておきます。)

completeactiopn

[Create Action]ボタンをクリックする。

⑨Create and activateで[Create Recipe]ボタンをクリックする。

title保存

以上で、イフト側の設定は完了です。

【Evernote側の設定】
⑩新規の“ノートブックの作成”をクリックする。

新規ノートブックの

⑪ノートブック名の欄に“instagram”と入力して、

新規insta

保存(完了)ボタンをクリックする。

以上で、エバーノート側の設定も完了です。

インスタに投稿した写真が、イフトを経由して、エバーノートにも溜まる

以上の設定で、
インスタに投稿するごとに、エバーノートにも写真が転送保存されていきます。

instagramの写真をあとから引っぱり出したいという方は、
エバーノートに溜めておくのがイイと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です